« 幸せの青い靴 | Main | 狩Lv60到達~(BlogPet) »

黒魔道士ジョブを斬る!

年度末は仕事やら送別会やらいろいろと忙しくて、なかなかじっくりFFをやる時間が取れず;;

そんなわけで、こんなときはちょっとテーマを決めて語ってみるかぁ、と無理矢理企画立ち上げw
実はこの前ちょっと気付いたことがあったのでネタもあるし~^^;

という訳で、題して「~~ジョブを斬る!」
3年目を迎えたゲームに対し、主にジョブ設定で斬っていこうかと思います。元々、ファンタジー分野にはうるさいほうで、かれこれ十数年・・・・・・ちょっと待て!そんなに長いのか!?
・・・・・・・・・・・・やべぇ18年だ^^; D&Dとかから始まってもうそんなになってたのか^^;
BASTARDの単行本1巻も黄ばむよなぁw

(コホン、気を取り直して)

1回目は黒魔道士について。

まぁ、元は何故自分が後衛系をあまりやりたがらないのか、ということについて考えてたのが始まりなのですが。
黒魔道士、属性魔法使いますよね。属性弱体と暗黒系魔法、デジョン等もありますが。

なんで、「魔法の盾」が無いんでしょ?

魔法使いって非力だからこそ、魔法の盾はあまたのファンタジー作品の中で常に非常に重要な役目を果たしています。咄嗟に唱えられればいいですが、大抵は詠唱時間の問題があり、あらかじめ唱えておくとか、マジックアイテムとしていつでも発動可能なようにしておくとか、様々な工夫が凝らされます。
対物理盾にしろ、対魔法盾にしろ、何かしらの魔法の盾ってのは必ずあるのにFFでは無いのです。
あ、プロテスやシェルは盾じゃないですよ。あれは防御パラメータUP魔法ですから。魔法使いに必要な盾魔法というのは、一時的に敵の攻撃を凌げる魔法でなければ意味がありません。

今ある防御魔法を診断すると次のとおりとなります。

スパイク系?・・・・・反撃ダメージの痛みによって敵を怯ませる、戦意を減退させるというのが本来の手法。キラー系やヘイト連動効果もなく、ましてや前衛に掛けることも出来ない時点で完全にゲームデザインとして失格!
まだ敵のみが掛けられる魔法だったら意味ありますがねぇ。

ブリンク?・・・いわゆる幻術系の防御魔法に該当します。魔法使いにとって重要な、魔法のうちのひとつですが、あくまで多々あるなかの一つにすぎない位置づけ。ブリンクあるから防御魔法がそろってる、という事ではない。ゲームデザイン的には○というかあって当然。

ストンスキン?・・・いわゆる変質系の特殊な防御魔法です。表皮の物質変換によって風変わりな防御をするのが特徴。判りやすい例はドラクエのアストロンですな。鋼の錬金術師の強欲のグリードが使っていた防御法もこれに近いものがあります。捻りが足りないのは、なぜ、「石」の肌なのか。「鉄」の肌や「水晶」の肌はないのか?
ただのダメージ一定処理だけではなく、石ならばストーン系および切属性無効、そのかわりウォータ系や打属性弱点、鉄ならば石よりもダメージ一定処理能力が高く、その代わりファイア・ブリザド・サンダー系弱点で切突属性無効、水晶ならば物理系弱点だが魔法攻撃無効とか、魔法使いがTPOを考慮してニヤリと悦に浸れるようなカッコいい設定にして欲しかったですね。ゲームデザインとして失格です。

バインド?・・・れっきとした、立派な防御魔法のひとつ。相手の足止めをしてその間に攻撃をしたり時間を稼ぐというのが主デザインですが、残念ながらゲームバランスの関係で思いっきり弱体されちゃいましたね;;リキャストの長期化と2度目以降のレジ率調整のみに留めて置けば有意義なままの存在となったでしょうに。
この魔法の効き目により黒魔が強くなりすぎだったのが弱体の理由ですが、だったら初めっから存在させるな^^;
上記の修正と詠唱者への強烈なヘイト上昇&怒りのあまり敵が攻撃力UP化する、とか取得経験値減少とか、これくらいやっておけば黒魔がソロで強すぎってことも無くバランス取れたでしょうに。

黒魔をより黒魔らしく、楽しいプレイが出来るようにシステムを改善するとすれば、上記のスパイク系のキラー&ヘイト連動効果の追加、ストンスキンのバリエーション増加、そして次に述べる魔法の盾の追加をして欲しいですね。
バインドについては・・・・・・今から上みたいな修正いれるのは嫌悪感強すぎかも^^;

対物理の盾(自分のみ)
スタン、フラッシュ並の詠唱速度でリキャストかなり長め、一定ダメージ処理する不可視の盾。ただし、魔法攻撃を受けると解除される。効果発揮中は攻撃魔法使用付加。

対魔法の盾(自分のみ)
スタン、フラッシュ並の詠唱速度でリキャストかなり長め、一定ダメージ処理する不可視の盾。ただし、物理攻撃を受けると解除される。効果発揮中は攻撃魔法使用付加。リフレクのようなパターンも有りですね。


このほか、多彩な戦闘補助の魔法が欲しいところ。例として、

アシッドボール:瞬間的に数秒間、ダメージとともに敵の防御力を激減させる魔法。連携直前や止めに使用。
エネルギーボール:瞬時に数秒間、連携ダメージを増加させる魔法。
ラスト:一定時間武器のD値を減少させる魔法。武器を持つ獣人にしか効かない。
レビテト:大地を揺らす系統の攻撃を無効化する魔法。アースパウンダーやタッチダウンがあるのでそろそろ導入してもいいのではないかと。
マネキンファミリア:モグハウスのマネキンにかりそめの命を与え、デジョンで呼び出し一定時間戦わせる魔法。マネキンの強さはマネキンの装備品によって変動する。
コンシール:他PCの姿気配を消して、次の攻撃に不意打ちだまし討ち効果を与える。

こんなの如何でしょうか?黒魔道士はアビの設定バランスはいいほうだと思いますので、新魔法+既存防御魔法の修正のみで十分改善されるのではないかと思い、今回述べてみました。

なお、念のため言っておきますが、決して黒魔最強にしたい、とか言うことではありません。ゲームをもっと面白く、やりがいがあるように、と考えてのことです。

もしこれを読んでこんな改善案イイ!と賛同してくださるブロガーの方いらっしゃいましたら紹介してやってください^^;

|

« 幸せの青い靴 | Main | 狩Lv60到達~(BlogPet) »

「FF11」カテゴリの記事

Comments

赤のファランクスは一撃毎にダメージ軽減率が決まってきますが、魔法盾の案はむしろストンスキン的な、ある一定のダメージ総価までの軽減、なおかつ、ファランクスのように事前に唱えるのではなくて、緊急時に瞬時に唱えて前衛のカバーに余裕を持たせる、みたいなイメージでした^^
黒魔さんはこれでニヤリとできるかとw

Posted by: | April 05, 2005 at 12:27 AM

す、凄い!よくここまで考えられますね。

黒魔は今の段階でも充分強そうですが、これが加わったら更に強くなりそうですね。
裏を全部黒で攻略したと聞いたので、ゴロの中には黒魔最強と思ってます。

魔法盾は実装しても良いような気がしますが、それだと赤のファンラクスと被りますが、違った内容で実装されても良いですね。

Posted by: ゴロ | April 04, 2005 at 10:59 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49586/3524073

Listed below are links to weblogs that reference 黒魔道士ジョブを斬る!:

« 幸せの青い靴 | Main | 狩Lv60到達~(BlogPet) »