« ボロボロでログインできねぇ・・・ | Main | ウンコバリスタ6速報? »

チラシの裏的思考の端書き

最近、仕事がてら著作権というものを色々と学ぶ機会がありました。

で、ここしばらく考えてたことなんですが・・・

FF11のプログラムは当然□eが著作権を持っています。
そして、それをユーザーに利用させるために、利用可能な範囲を規約で縛っているわけです。
これには外部ツールによる内部データの利用不可等もあり、3Dモデリングツール等もこれに該当するわけですが。
FF11で遊ばないで、モデリングツールだけ使う人には規約って通用しないわけですね。
規約はユーザーに同意させる代わりにゲームプレイを許可しているわけで、ゲームしない人には規約は意味がない。

そこで、著作権の話になるわけです。データの勝手な利用、改変等は著作権法に引っかかります。
ここのTOPのバナー画像とGIFアニメ画像も、当然引っかかってます。判った上で、これくらいで□eから訴えられはしないだろうってことで、やってるんですけどね^^;
いきなり損害賠償で訴えられることもないだろうし(自分で儲けてもいないし損害を□eにも与えていないので)。
でも、もし□eから画像の撤去を通達されたら即座に応じるつもりでいます。

と、前段はここまでにしておいて、最近考えていたことは、キャラデータには著作権があるのではないか、ということ(正確には著作者人格権)。

例として、キャラは私が今まで育てて作ったものであるため、「キャラデータの著作者人格権」は私が持っているのではないか?
そのため、如何に規約で縛られようと、仮に□eが私のキャラデータを無断でどこかに公開したりして、もし私が著しい不利益を被ることがあれば、これは訴訟に持ち込んで勝てるのではないだろうか、ということなのです。

ゲームデータに対する著作権の判断なんて、実際の訴訟にならない限り結論は出ませんし、それに著しい不利益を被ることもないでしょうし、あくまで仮定の話ですがw

そこで次の段階です。

ビデオ画像等、映像作品を作った際に、出演者の了承を得なければ、出演者の著作者人格権に抵触します。出演者の表すモノ(姿であれ声であれ→これらはひっくるめて“出演者の情報”であります)を無断で使用した場合、著作権違反。

じゃあ、“出演者の情報”を開示してしまう、Repってのは一体どうなるのでしょう・・・?
私的には限りなくクロに近いのではないかと思えます。少なくとも、他人を貶める表現でキャラが特定される書き方したら、訴えられた場合間違いなく負けるでしょうね。
名誉毀損と著作者人格権の2点で。

と、考えて、Repはデータ考察としても役立つものなのだけども使い方によっては危ういなぁと。
思っていたところにたまたまタイムリーな話題のところがあって、そこにちらっと書き込んだら規約云々で馬鹿にされましたがw

元々はRMT問題を考えていたときに、著作権の観点から打つ手がないものかなぁ、というのが発端だったのですがね。
まぁ、ギルデータそのものとアカウント(キャラ)の売買では著作権の出番もなさそうでしたが^^;

ただ、□eもキャラデータの著作権についてはおそらく警戒していると思われ。罰則はあくまでもアカウントの停止とかで、キャラデータへの改変ペナルティってのは聞いたことがありませんからね。

ちと小難しい、実際には使うこともない要らん思考のダダ漏れでした。

P.S

念のため書きますが、Rep使うなとかそういうことは一切言ってません。著作者人格権を勉強すると、世の中に様々な野放しの問題が見えてくるので、たまたまFF関連で書いてみただけです。
  なお、他の例では、Zガンダム劇場版の声優変更問題等も、著作者人格権を元に訴訟になると、非常に興味深い結果になったのではないかと思います。
  それから、もし規約云々で私に反論コメント付けたい方が居る場合は、著作者人格権を勉強したうえで書き込んでください。不勉強の程度が知れる場合は削除しますので。

|

« ボロボロでログインできねぇ・・・ | Main | ウンコバリスタ6速報? »

「FF11」カテゴリの記事

Comments

コメントありがとうございます。

桂さんのいう、
>これは「キャラクターデータを、□eのゲームプログラムを使い、変更する権利」を□eから「借りている」にすぎません

の部分が、私の意見と違うところでしょう。現行の法解釈を杓子定規にはめると、まずは、

・文化の発展に寄与しないから問題外。

これを無視して、「人の作り出した何か」に対する権利を考え始めた時に、

例として、“規約でしばられた道具、材料を借りて”モノを作成しても、作成されたモノそのものは作成者に権利が発生するのではないか?という疑問が生じたのです。

もちろん、この場合、“ここから借りた材料で作成しました”という表現を了解を取ったうえで表すのは当然なのですが。

著作権法を勉強すると、しばしば法で表しきれない事例に対し、根本的な考え方に立ち戻る必要があるために、今回FF関連で疑問に思った次第です。
(そもそも現行法解釈のみでは文化的所産とみなされず、また、創作物としての価値が社会的に評価されないかぎり、訴訟を起こしても棄却、という可能性が高いのですが^^;)

Repのデータについては、“雑報”ではないと私は思っています。
“記録”が一人の「個性」の姿を“ただのデータ”ではなくて“このプレイヤーが強い、弱い、上手い、下手etc”と言った“個性を他者に伝える記録”となってしまったときに、元データを提供してしまった「個性」は何かしらの権利を主張したくなるのではないでしょうか。

著作権の考え方についてはそれぞれの解釈もあり、また正解を出せる形も判例や訴訟等もなく現状では結論がみえないと考えております。
少なくとも、私と桂さんの捉え方は違っておりますし、現行の法解釈をそのままで当てはめたら桂さんの言うとおりだと思います。

でもそれじゃ根本を考えようとしていた私の思考はスタートしないわけで^^;

私が失敗したと思うのは、自分の思考が仮定の域を出ない、社会的に結論も出ていないのに、他者の場所に断定的な口調で書いてしまったということです。ここは私に完全に非があります。そのため要らぬ誤解を与えてしまったようで申し訳ない。

ただ、誤解しないでほしいのですが、脅迫などととんでもない!

結構あそこの内容でRepがらみから煽る人が多いので(もちろん罵倒コメントは私もあきれてますが)、そのために、
>火種になりやすいものを毎回貼るのはよしたほうがいいのでは?という意見です。

という表現で意見を書いたのですが。
あくまで一意見で、ブログ主に強要するものでもないものですから、
>別に強要はしてるわけではないですよ?w
とまで(やわらかい表現とする意味でも)念のため書いたわけです。

読み手にはどうしても主観が入るでしょうし、だからこそ、私はネットで文章を書くときに文字で責任を取るつもりで書いております。逆に言えば、文字外の主観で「脅迫だ」と思われても、「それは誤解だし、誤解だと言っても納得できないのであれば勝手に思い込んだままでいたら?」というスタンスです。
脅迫するような言葉は一切書いてないし文字外に他者が感じるとこまで責任は取れません。また、出身もハンドルもはっきりさせて他人脅迫するほど極悪人なつもりも度量もありませんよ。

>人をたしなめるのであれば、自分の書いた文章を客観的に見直すことをおすすめします。

今回は見直して自分にも非があったために、また、向こうを荒らして欲しくないがためにも、このエントリを書きました。そのほか、本文にもありますが、この著作権がらみの思考はしばらく前から考えていたところであり、元々エントリー書こうとも思っていた矢先のことでした。

願わくば、人をたしなめる桂さんにも、自分の書いた文章を客観的に見直して礼節を汚していないか常に確認していただきたいところです。

無記名の煽りなどではなく、はじめから礼節をもって主張していただければよかったんですがね。
正直、これだけしっかりとした考えを持っておられる方だとはあの文章からは読めませんでした。いい意味で期待はずれで嬉しい反面、なおさらにあの書き込みが残念に思えました。

なお、このエントリでは互いの主張も出ましたし、主張の相違点とその原因も判りました。
結論としては、著作権に関して、法運用上は桂さんの主張が正しい、ただ、法解釈に踏み込んだ部分では私の疑問は晴れないしなおかつ、裁判ではないので結論がでない、ということ。
仮定を前提とした思考を他の場所で断定的に書いたのは私に非があること。
脅迫なんて私はしていないしそれはブログ主とのやり取りでもあきらかであること。
以上です。これをもってこの記事は閉じさせていただきます。

Posted by: Win | December 19, 2005 at 03:04 AM

Chululuさんのブログのほうで「通りすがり」の名前で書いていたものです。ここでは仮に「桂」と名乗ります(普段からネットで名乗って書き込むことはないため)。

今回このようなエントリーを書いていただいたわけですが、わたしの考えとは前提から異なります。まず、キャラクターデータに著作権(および著作者人格権)は存在しないと考えます。第一に、キャラクターデータは□eに著作権があります。ユーザーはキャラクターデータを□eから借りているのです。そして、「キャラクターを育てる」とありますが、これは「キャラクターデータを、□eのゲームプログラムを使い、変更する権利」を□eから「借りている」にすぎません。ゆえに、ユーザーに著作権はありませんし、著作権がない以上著作者人格権もありません。

次にRepデータについて。Repなどの外部ツール使用の件については、今回は別問題ですので省略します。Repのデータの場合、「○○が△△に□□のダメージ」という「記録」のため、著作権も著作者人格権も存在しないと考えます。わかりやすく例えるなら、陸上競技を撮影した映像には撮影者や競技者に権利はありますが、その競技者が出した「記録(100m何秒など)」は「事実の伝達にすぎない雑報」のため、著作権は存在しません。(むしろRepのデータには編集著作物としての著作権が存在するため、Repデータを抽出した人に著作権があります(が、本来取得してよいデータかどうかという問題はありますが)。)

今回問題となったRepデータについては「著作権」が問題なのではなく、「モラル」が問題だと考えています。モラルとは非常に曖昧なもので、個々の主観によってボーダーラインが変わります。これは相反する両者どちらかの歩みよりがなければ解決しない問題でもあります。

なぜChululuさんのブログにて、さまざまなコメントの中からWinlongさんに噛み付かせていただいたかといえば、コメントの内容が著作権を盾にした脅迫にすぎないものだったからです(ほかの人の罵倒コメントにはただ呆れるだけですが)。内容が正しいものであれば書き込むこともなくただ憤慨していただけだと思います。人をたしなめるのであれば、自分の書いた文章を客観的に見直すことをおすすめします。今回のエントリーも仮定での話の進行が多すぎるとは思いませんか?

Posted by: 桂 | December 18, 2005 at 11:47 PM

Repの著作権云々は結論も出ないし私の書き方もちょっと断定が過ぎて失敗したような気がしております。申し訳ないですm(_ _)m

ただ、そんな考え方の可能性もあるのかなぁ、とだけ知っていただければ幸いです^^;

Posted by: Win | December 18, 2005 at 09:06 PM

Repがキャラ本人の著作権的に問題があるとは夢にも思わなかったです
プライバシーとかそういう方面かと
なので、匿名にしてふせればまぁ問題ないかなということでブログにも出しています

匿名にしても、ブログ主がサーバーとキャラ名を公開していれば、その時PTを組んだ人には誰か分かってしまうわけですけどね

批判されていればいい気はしませんが、それはRep出す出さないとは別の問題ではないかなと思います

先の件では気分を害されたかと思います
スイマセンです

Posted by: Chululu | December 18, 2005 at 08:15 PM

う~ん、やはり難しい。
法の著作物の定義は古い時代に作られたものであり、現代のさまざまな作り出されるものに対応しきれないものもあるように思え、やはり判例が出ないと無駄な議論になりがちなような気がする^^;


(目的) 第一条  この法律は、著作物並びに実演、レコード、放送及び有線放送に関し著作者の権利及びこれに隣接する権利を定め、これらの文化的所産の公正な利用に留意しつつ、著作者等の権利の保護を図り、もつて文化の発展に寄与することを目的とする。

『著作物並びに実演、レコード、放送及び有線放送に関し』
著作物以外のサンプル(具体的にはゲームデータ)が足りないように思えます。

もっとも、文化の発展に寄与しなくて問題外かもしれませんがw


(著作物の例示) 第十条  この法律にいう著作物を例示すると、おおむね次のとおりである。

 一  小説、脚本、論文、講演その他の言語の著作物
 二  音楽の著作物
 三  舞踊又は無言劇の著作物
 四  絵画、版画、彫刻その他の美術の著作物
 五  建築の著作物
 六  地図又は学術的な性質を有する図面、図表、模型その他の図形の著作物
 七  映画の著作物
 八  写真の著作物
 九  プログラムの著作物
2  事実の伝達にすぎない雑報及び時事の報道は、前項第一号に掲げる著作物に該当しない。

3  第一項第九号に掲げる著作物に対するこの法律による保護は、その著作物を作成するために用いるプログラム言語、規約及び解法に及ばない。この場合において、これらの用語の意義は、次の各号に定めるところによる。

一  プログラム言語 プログラムを表現する手段としての文字その他の記号及びその体系をいう。

二  規約 特定のプログラムにおける前号のプログラム言語の用法についての特別の約束をいう。

三  解法 プログラムにおける電子計算機に対する指令の組合せの方法をいう。


『2  事実の伝達にすぎない雑報及び時事の報道は、前項第一号に掲げる著作物に該当しない。』
これの“事実の伝達にすぎない雑報”ってのが問題です。雑じゃない生データは創作性もないが著作物に該当しないとも言い切れない。 

これがRepが引っかかるのではないかなぁという私の考えなのですが、正直、判例でないとはっきりしないだろうなぁ。

Posted by: Win | December 17, 2005 at 10:44 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49586/7668646

Listed below are links to weblogs that reference チラシの裏的思考の端書き:

« ボロボロでログインできねぇ・・・ | Main | ウンコバリスタ6速報? »