« 絶滅っぽい1月解析(BlogPet) | Main | 真・初麒麟 »

物価変動とRMT対策の考察

先日、スクウェアエニックスにおいて、RMT対策を実行し年始以降組織的に物価上昇を図った組織を取り締まった、という広報がありましたね。
実態は、システムからのアイテム無限引き出し&ギル化をしていた一部RMT業者への対策だったようで、ヴァナ経済のインフレそのものへの対策では無かったようです。

□eの方針は、過去の動きから見てもこういうことでしょう。

一部集団による作為的な物価引き上げ(システムからの過剰なギル放出行為)は経済危険行為として重要視しているが、自然な流れによる物価上昇(既に出回っているギル内での物価変動)までは関知しない。

常にシステムからのギル放出を管理しているのならばともかく、既に大量放出されてしまったギルの回収を率先して行なわないのは無能としか思えないのですが・・・(-_-)

システムからのギル放出に対し、ギル回収をして経済の安定化を図るという行為が、今のところ裏やアポリオンの参加費等でしかない。
もっと抜本的な対策が必要だと思います。
少なくとも、いくつかの素材及び合成品について、店売りを行なうことによりギル回収を加速&経済指標の提示を行なわないとインフレは止まないでしょう。
もちろん、この方法を取った場合、素材調達者や合成職人に大打撃になることは間違いないのですが・・・

以下に例(私案)を挙げてみます。
良い悪いは立場によっても違いますのでその辺はスルー推奨で。

・ポーションの低価格化
・ハイポーション用モルボルのつるの店売り化
・スライムオイル、グラスファイバーの店売り化
・紙兵、デジョンスクロールの店売り化(黒インク関連水産物の価格抑制にもつながる)

これらは需要の多い消費アイテムとして必需品の店売り化により、安定したギル回収が計れるとともに物価変動に対する標準価格の指標となるため、物価安定の目安となります。
特に素材調達者には痛手となりますが、合成職人には意外と痛手は少ないでしょう。現状でも、練金は儲け口を探してその都度色々やっている状態ですし、木工の場合、紙兵のみで儲け口を確保している人は少ないと思います。
(当方、練金83、木工60ですが・・・上記案は練金術士にとって痛いことは痛いのですが、必需品が暴騰する市場には一生活者としてやはり危惧しますし、木工も、原木の店売りが始まってからは利ざやが少ないのと、更に高スキル者は別の稼ぎ口があるので致命的ではないだろうという考え)

・劇毒サソリの爪、ダマスクインゴット、ダマスク織物、ベヒモスの毛皮、オリハルコン、アダマン鉱、白金鉱の店売り化

これらは高額品素材ですが、在庫限度無しの店売り品とすることにより、素材の安定供給&標準価格化によって高額品の物価指標となります。
在庫限度無しにすることで買い占めを無意味と出来ますし、これらは現状では一部のプレイヤーだけに許されたレアアイテムという位置づけは失っていると思いますので・・・

・スコピオハーネス、ホーバージョン、バーミリオクローク、ダスクトラウザ、その他エクレアアイテム類の販売開始

高額商品の店頭販売化ですが、ギル価格設定のみならず、購買者にはその品物に応じた獣人印章の支払いを求めます。
先の案と合わせて、NQのみであれば、素材入手&職人への合成依頼ではなく、買うことも可能とする案です。
印章を必要としない分、競売の同品価格は上がるかもしれませんが、印章枚数に応じて物価は安定するでしょう。
また、その他エクレアアイテムにHNM品を陳列(全種類ということではないです)することで、高額なギル回収が可能となること、一般プレイヤーへの一部HNM品の解放となります。
これによって一部HNMの放置、ひいては一般プレイヤーへのHNM討伐機会の増加となる可能性もあります。

このように、高額アイテムのシステム側からの供給により、ギル回収、価格安定化、価格及び供給安定化によるプレイヤーへの金策目標提示となり、RMTがこれだけで完全に無くなることはないものの、土壌は大分改善されるでしょう。

RMTの悪いところは、通常であれば貯蓄として動かないギルが動く前提でやりとりされるため、インフレを招きやすいこと、ましてや業者がシステムからギルを引き出せば引き出すほどそれが加速し経済が破綻することがあります。

さらに、リアル事情として、国際的なMMOではマネーロンダリングに利用されやすいこと、国の目の届かないところで貨幣流出が起こるため、国力弱体化につながるということです。

まぁ、なんでこういう話をしているかというと。

デフレが起こって貯蓄用に購入したホーバークがどんどん値下がりしているのですがw

虚構の価値分が減り本来の価値相当の値段に落ち着くのは普通なんですがね。

今回不思議だったのは、大量のダマスクインゴットの供給、ホーバージョンの値下がり、ホーバークの値下がりと連鎖しているのですが、RMT業者が垢判なったところで、それまで抱えていた資産のインゴットを一緒に消滅してしまえば市場には出てこないはず。別垢に蓄えていたのであれば、垢判でロストした分を確保しようとした場合、売り急ぐのでなければあえて安く出す必要も無い。一時的にギル在庫が減れば、資金稼ぎの為に売り急ぐのかもしれませんが、

これらを考えると
1、風説の流布におびえたインゴット持ちが一気に放出した。
2、垢判から回収したインゴット、もしくはシステムから生み出したインゴットを□eの社員が経済操作のために放出した。

私としては1のパターンは実際はないんじゃないかなぁと思っていたのですが・・・・・・これだったんですかね?^^;

今、ダマスクインゴもホーバージョンもホーバークも品薄なってまた高騰してきてますが^^;

|

« 絶滅っぽい1月解析(BlogPet) | Main | 真・初麒麟 »

「FF11」カテゴリの記事

Comments

エンチャント胴防具って着せ替えアイテムっぽくて面白いですねw

価格設定によってはLv制限BCで使いやすいかもしれませんね。

Posted by: Winlong | February 16, 2006 at 12:10 AM

スコハー・ジョン・バークを店売りするなら、効果時間3時間&一回限りのエンチャントが良さそう。エンチャントで試用してみて、本物を購入するか、必要時にエンチャントを購入するかの選択肢もでるし。

Posted by: nanasi | February 15, 2006 at 01:06 PM

ウィンは、スクウェアエニックスなど言ったよ
ウィンたちが、大きい物価など言ったよ
年始をRMTしたかった。


Posted by: BlogPetのkilsh | February 15, 2006 at 11:56 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49586/8660460

Listed below are links to weblogs that reference 物価変動とRMT対策の考察:

« 絶滅っぽい1月解析(BlogPet) | Main | 真・初麒麟 »