« なぜこんなときに俺は貧乏人だったのか! | Main | 20年ぶりのスキー »

サルベージと弓胴着のその後

募集シャウトがあったのでサルベージに初参加してきたWinlongです。

面白いね!!

12人でアラパゴ方面とやらのサルベージでしたが、結構武器解放も多く出て早くから両手斧もって戦うことが出来ました。

サポ忍なので、二刀流や空蝉はサポ解放、魔法解放がないと使えないのですね。さらに、トマホークに至ってはアビ解放の他、遠隔解放されないとアイテム装備出来なくて^^;

久しぶりに両手斧が大活躍でした^^

参加戦績がもう少し緩和されればもっとやりやすくなるのでしょうけどねぇ・・・

ドロップは4層まで進んで白さん用が1個だけでしたが、解放アイテムが結構出て恵まれてたのか、楽しかったです。
(主催さんの話だと今回は出てるほうらしいので・・・)

アサルトに不自由なく参加出来て戦績をガンガン稼げるようになれば、サルベージも主催なり参加なりやりやすくなるのですけどねぇ。

ここのところしばらく止まってたLv上げも再開しなければ、と思った次第でした。

その他、印章40BC光る眼を主催して行ってきましたが・・・結果はハズレ。まぁ、簡単に当たるとは思ってないけども。
これで、ため込んでた獣人印章は全部使い切っちゃいました。獣神印章は丁度60個まだありますけどもw

ぼちぼち弓胴着に始まった臨時の金策も終わりです。
ボム魂とフレイムリング、エルシヴイヤリング辺りはそのうち買い直そうかなぁ・・・
何か大物買い物したら判りませんが^^;

弓胴着、バタリアにバザー出現しました。
フレから160万でバザーしてる!ってtellが来て、急遽いってみたら、バザー設定価格の桁間違いしていたみたいで1600万に;;

麒麟大袖も800万でバザーしてて、弓胴着その値段はないだろうと思ってtell残しておいたのですが、どうも中華業者のようです。日本語理解できてないし、英語も簡単な単語程度しか判ってない。

その後、アトルガンでもシャウトしてる別の人いましたが、どうやら同じ業者仲間のよう。

一応念のため、というか嫌がらせも兼ねてtell交渉してみましたが、1600万が1500万になっただけ。半年前ならいざ知らず、物価変動してるのにこの値段はナッシング!

「高すぎる、その値段じゃ誰も買わないよ。まして大袖800で弓胴着1500なんてクレイジー! さようなら」

こんな感じで終わりました。私も実際こんな値段じゃ買う気も失せます。そこまでの価値はない!

後で、「じゃあ、いくらで買うの?」とだけtell来たのですが、「500万!」これ以上はビタ一文出す気はないw

ケルベロスマントの値段と製品の能力と代替え品の存在考慮したら自分としてはそんなとこです。

ちなみにシャウトしてた輩は同じシャウト内で白虎1200万って言ってました。

空LSに所属してる身としては「この腐れ外道め!」と思ってしまう訳ですが、今回思ったこと。

結局は市場流通を妨げている要因があるからこそ、中華がつけあがり、お金のあるプレイヤーはそれを買うという図式。

この妨げ要因には中華もHNMLSも空LSも実際は同じ穴のムジナなんでしょうね。もちろん、実際に空やってたりHNM経験もある身としては市場に回すだけの供給がLS需要にすら追いついてない、という事情もわかりますが・・・LS内需要に追いついたうえで市場に出さず、アイテムにプレミア価値を付ける事を狙う集団がいるとすれば、それは一般消費者からは敵です。

でも、LS側とすれば、儲けたいと思うのはこれまた自然なこと。

結論とすれば、欲しければ自分で取りに行け、ということにやっぱなる訳で・・・結局は行動力のあるなしが分かれ目になっちゃうのですね。

狩人主体でケルベロス討伐隊でも作るか(-_-)

中華業者については、安い労働力は安いなりに、分相応なとこに落ち着いてもらうのがホントはいいのですけどね。中華業者を奴隷扱いで利用する手もあるわけで。

例えば、中華シャウトの次に「白虎500万で売ります!」とやって相手の商売をつぶすと、自然と白虎値下げ→秋石値下げとなります。
秋石が今300~350万ですが、これが150万程度まで下がったら、難易度の高いウリの張り込みするよか他のことしてギル稼いで秋石は業者から買ったほうが楽なわけで。

低所得かつ物価の安い労働力を活用するのは世の常です。

実際にはこんな上手くはいかないだろうけどね^^; 秋石はその価値からも250は切らないだろうなぁ・・・

などなど、いろいろ考え込んでしまいました^^;

|

« なぜこんなときに俺は貧乏人だったのか! | Main | 20年ぶりのスキー »

「FF11」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49586/14096841

Listed below are links to weblogs that reference サルベージと弓胴着のその後:

« なぜこんなときに俺は貧乏人だったのか! | Main | 20年ぶりのスキー »