« November 23, 2008 - November 29, 2008 | Main | December 7, 2008 - December 13, 2008 »

November 30, 2008 - December 6, 2008

垢魔Lv73!

週末は久しぶりにLv上げをしたWinlongです。

って書こうと思ってたら、もう次の週末に突入しちゃったWinlongです^^;

先週末は久々にまとまった時間が取れたものの、仕事の疲れもあってどうしようかなぁと。

ナイズルもチケット無駄にならない限りは少し休んで他のことをしようかと思ったのですが。

赤魔のLv上げに気力もなかったのですが、他をやる気力もなく。

じゃあ、FFやめて他やったらということに普通ならなるのでしょうが^^;

ちょっとした合間にね、他のこともちまちまとはやっているのですよ。
特に最近ではフロントミッション4~5が未クリアなので4を最初から再開したりw

でも、週末はそんな気分でもなくて。

こんな時は惰性で外人部隊でのLv上げが一番なのです。

参加希望の玉出ししてると、赤なのですぐに声が掛かり、そのまま現地行ってPTへ。

補充ですから、2時間もしないうちに終わります。体力・気力的にも楽ちん。

午前中はそんな感じで時間が過ぎるのですが、お昼明け頃から今度は日本人の活動が活発になり・・・PT終わってサチコ消し忘れてたらすぐにお誘いが^^;

結局、土曜日で4PTを渡り歩き、日曜も2PTを渡り、気がつけば68だったLvが71に^^;

週明けは月曜にLSのサーバー移籍者の送別会でした。銘入りの魔光草を作ってみてプレゼント。PCなってから初のSS撮影しました。

海さん、移籍先でもお達者で!

火は空、水は疲れて何もできず、木は水曜の分を取り戻すかのごとく、夕方からPT希望だして~誘われた。

レベルシンクが私基準で71に設定、カダーバでインプ、トンボ、カエルでした。

構成は戦戦忍詩赤白。

リフレを二人に回してヘイストとサイレナを戦一人担当、そして弱体、と。
赤の負担が少なくて非常に楽でした^^;

しかもリーダーの詩人さんが鬼釣りで。

メリポ並の釣りで、それこそ、このままメリポしたらチェーンがすごかったんじゃなかろうか。

3時間ちょっとの戦闘で35,000EXPほど稼げてまさかのLv72に!

他の方も4人が75なってましたね。

そしてその後はすぐに空活動へ。

久々にハードスケジュールです^^;

空では麒麟戦でドロップ品は大袖が久々に^^

今週はこんな感じだったのですが、この分だと週末頑張れば赤魔も75まで行きそうです。

もっとも、赤魔上げはまったりとした気分で進めますけどね^^;
なにしろ脳筋なのでがっつくと負担が激しいw

と、ここまでは書きためておいた文章だったのですが、今日で赤魔73に。やっとゼニスミトンが装備出来るようになりました。

75まであとちょっとです。

赤上げたら次はしばらく金策しようかなぁ・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

俺の我慢もここまでだ

ちょっと先週末から今週に掛けて、仕事でかなり厳しいことがあって参ってたWinlongです。

担当してた会社、倒産しちゃって・・・

今年3件目、通算で×件目の倒産処理です。
こうなるともう意図しなくてもベテランになってしまいましたが、今回は職場の多数の上役に足引っ張られ・・・

しまいには私の役職では上に話しするなと、言われましたからね。
どんだけケツの穴小さい奴だよ。それで判断間違ってりゃ世話ないやね。こっちは情報を提供する責務があるし、直接の上司が口開かない人なのでこちらが言うしかないのですが。

無能な上役相手にしてると疲れる・・・

こういうとき、正直自分に権限あったらなぁ・・・と思います。

内なるアームズがささやくのです。"力が欲しいか?"って。

"でも上げられない"

へたれアームズですね^^;

・・・うちの職場、年功序列なもので(-_-)

血も涙もないどころか、ロクに考察力もない中で簡単に物事決めようとする人たちに反論するも孤軍奮闘でした。
情報すらまともに収集せずに自らの首を絞めていることにも気付かずに下された判断には断固拒否して、唯一まともな課長の応援とりつけてやっと処理が終わりました。

この職場でやっていくことにホント疲れたわ・・・

前の上司が隣の地区にいて、そちらも今回同様だったのですが、向こうでは倒産した会社の社員の方々の心配もして色々と手を尽くしていて・・・私に力がないのが非常に悔しいのですが、こちら側の担当社員さん達のフォローをこっそりと前の上司にお願いしました。

もうね・・・

丁度、来年の異動に関するヒアリング時期だったのもあり、転勤希望だした(-_-)

反面教師が盛りだくさんなので、自分がもっと上行ったらああはならないようにしよう・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ガンダム00第34話感想

序盤はヒロシ強い!の一言。セラヴィーの隠し腕!G.0を思わせる心憎い設定と演出に対しても隠し足で対向するヒロシ!刹那とティエリア二人がかりでも勝てません。

帰還後、サジと刹那の会話・・・お前ら、なにか大事なこと忘れてません?^^;
アロウズ出資者のパーティーにルイスがいたということ、准尉と呼ばれていたこと・・・戦場で会う可能性に気付いていませんw

さて、白キノコ少佐、どんだけチキンなんだか、作戦否定されたあげく責任回避するとはw

一方、ブシドーはまたビリーのとこに来て、血迷った名言を。
「あの機体を私色に染め上げて欲しい」
ビリーの「合点承知」もなんだかなーと思いましたが。
お前ら狙ってんのかと(正確にはスタッフが、ですがw)

で、新型ってやっぱりフラッグなの?フラッグからビリー君は離れられないの?w

まぁ個人的にはフラッグの発展系にして欲しいのですが。

そして作戦開始。今回は皇とカティの艦隊戦が見所でしたね。

3機(ケルディム初ですよ!)のトランザムによる、GN粒子展開。
トリロバイトの大型魚雷の爆発力も利用した急速離脱。

廊下を転がるハロ(実はこれが最大の見所!?w)

「またかよ~!」と被弾して落ちていくコーラw

うん、まただねw期待通りw

ガデッサの長距離狙撃。ってか、ガンダム並に単機で成層圏まで行けるのか?

本丸を落とす、と敵艦に向かう刹那。お前もグラハムにかぶれてきたか?w

そして、一人艦長がやられただけでイノベイターの増援を考え出したカタギリ司令。その考え方、なんか変じゃないかな?^^;
意外とアロウズって手狭な部隊なんでしょうか。

最終的には連邦軍分裂して世論に認められたソレスタルビーイングとアロウズによる大規模戦闘にならないかなぁと思ってるのですが、このままだと小規模なゲリラ戦レベルで最終回迎えそうで・・・う~ん。

それはともかく、無事脱出を果たしたプロメテウスⅡに通信が送られてきます。戦術っぷりから皇の正体が九条だと確信したカティ。

回想で出た若かりし頃の九条とカティがまたポイント高いですねぇ。

そして遂に姿を現したオーライザー。これで00は本当にパーフェクトになるのか?その圧倒的な力に太刀打ち出来るのはスローネ?ガデッサ?新フラッグ?この辺が楽しみですねぇ^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 23, 2008 - November 29, 2008 | Main | December 7, 2008 - December 13, 2008 »