アニメ・コミック

ガンダム00最終話 感想

遂に最終話です。

リボンズキャノンVSガンダム00、今回はラスボス機体にどんな秘密が?!

と思ったら・・・・・・

肘にツインドライブ?!

いや、それだけじゃなくて・・・

裏返った-!!!!

なんという意外性!w


おまえはカニかーーー!!!




それでもって、やはり介入してきたイノベイド二人。
駆けつけるアリオスとケルディム。
近距離VS近距離、遠距離VS遠距離の対決に。

ハレルヤは完全に復活したっぽいですね。超兵復活!とか言いながら、アレハレ交互に表に出つつヒリングを圧倒!ヴェーダの補助がなければそんなものか!と言いながらのアリオスの攻撃は・・・

そうか、武装は比較的貧弱な機体だと思ってたけど、超兵が乗る前提の設計だったんだろうなぁ・・・

そして他の武装に関係なくアリオスの真の兵器はやはりこれか!クローによる突撃!

アリオスの戦闘は今までで一番格好良かった!

ライルはボロボロのケルディムでリバイブと対決。アニューの恨みとか言うかと思ったらその辺は何もなく。

1秒のトランザムに賭け、リバイブの止めを一瞬のトランザムで交わし、零距離で射撃!しびれる演出だ!

そして場面はリボンズと刹那に戻り・・・

満身創痍の二人。ティエリアの妨害?wで集中力を欠いたリボンズにやっと刹那の攻撃が当たり始め・・・それでも遂に00の左腕がもがれ、タケノコ取ったみたいに喜んで場を離れるリボンズw

そして、お約束、目の前には漂う0ガンダムが!w

一方、刹那にはスメラギの予想によって射出された「R2」いわゆるエクシアが!

2期1話のエクシアがエクシアR(リペア)らしいので、R2ってのはリペア体2番目ってことでしょうね。

シンプルな機体による白兵戦、互いの皮を切る演出、そして最後の一閃。

リボンズ生死不明の演出だなぁ^^;

そしてグラハム出てこなかった;;

1期最後とは逆に、マリナから刹那への届かぬ手紙の朗読という演出でした。

そしてエンディングへ。

Continue reading "ガンダム00最終話 感想"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ガンダム00第48~49話感想

なんかリアル忙しいのもあってあっという間に時間がすぎちゃってます^^;

2話分の記憶もゴチャゴチャになっちゃってるのですが、まずは、

コーラぁあああ!;; 死んじゃった?!

出来ればコーラ専用機とかで出てきて活躍して欲しかったなぁ・・・

扱いがちょっとかわいそうで^^;

でも、不死身のコーラサワー、最終話でしっかり出てきて欲しいw

ここはちょっと期待まだ持ってます。

それから、イノベイド大量発生。

なんですか、この資源の無駄遣いはw

中途半端なMSガガの特攻攻撃ですが、これはリボンズ側の資源の枯渇や戦況的な焦りを表しているとは思うのですが・・・それにしても数大杉で、まともなイノベイドとMSで大隊作れるだろうがっw

しかも、黒幕はビリー。なんか伯父裏切ってリボンズについたのかぁ、みたいな。

で、オートマトンと一緒に乗り込んでくるくせに、結局はスメラギの魅力に負けるのかっw

アレルヤとマリー。ガガ特攻にピンチになるも、ハレルヤが力を貸して撃退・・・・・・アリオスのしょぼい武装で?w

そしてマリーと小熊の感応会話・・・もうちょい小熊を打ちのめす言葉が欲しかったなぁ^^;

ティエリア。セラヴィーがきれいに両腕なくして不時着。案の定、生身で乗り込んでよもやのリボンズに射殺され・・・・・・悲しくないのはイノベイドと判っているからでしょうか^^;

でも、そこでよもやのリジェネとの共闘によるヴェーダ奪取となるとは!そして、このときとばかりにセラフィムの分離・変形、トライアルシステム稼働!

ライルとヒロシの対決。ヒロシ優勢なるも、決定づけたのはトライアルシステムによるヴェーダのリンク下にある機体の強制停止でした。

決着は生身の射殺。ヒロシ、いや、アリー・アル・サーシェスは最後の最後まで彼らしく邪悪に活きて、その生き様に相応しく死。

あの場面の直前でアニューの「わかりあえたよね?」って介入は正直いらん気がしますが^^;

サジとルイス。ルイスやっぱり壊れてるーってか、あ・・・・壊れた?^^;でも、GN粒子のおかげでルイス復活。人工イノベイダーとしては終わったのか、これからも何か出来るのか、疑似GN粒子の影響はどうなるのか?

いずれも、鍵となったのはダブルオーのトランザムバーストによるGN粒子広域散布でした。この粒子下では脳量子も電気信号化されてるんでしょうか、そしてその伝達により、意思疎通が可能となる・・・死んだ者の魂も量子として漂い、GN粒子によって活性化することにより意思表示が可能になるのか、リジェネもハレルヤもそうでなければ説明がつきません^^;

ってことは、リボンズ達倒してもいつまでもつきまとわれそうな・・・

GN粒子についてはもう少し謎解き欲しいです^^;

さて、いろいろ感想を書きましたがやはり、最終話を前にしてラスボスのリボンズが登場!

遠距離からセラフィムを狙撃して出てきたのは・・・

ガ、ガンキャノン!???

1期はジム呼ばわりされて、2期はガンキャノンかよっww

果たして、ブシドー、いや、グラハムは出るのか?コーラは?ラッセの命は?

ティエリアは再び肉体を得るのか?(実は女性体があるとか?)

ヒロインっていましたっけ?ラストソングはゴロゴロソングなのか、今のエンディングなのか、それともカナシが掛かるのか?

答えはもう少しですw

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ガンダム00第46、47話感想

どっかで計算間違ったかな?この記事の感想は通算46話目のようです^^;

最近、なかなかUpする暇がないので書きためた分も遅れてるし訳判らなくなってきた^^;

さて。

間違いなく刹那がイノベイター化しているなぁ、という描写が随所に・・・GN粒子を浴び続けるとこうなっちゃうのでしょうか。

疑似GNの赤粒子に細胞再生障害が発生するというのは裏返せば、老化及び再生が停止していると言うことかも知れませんね。

脳量子波がここまで話の根幹に絡んでくるとは、ちょっと想定外でした。

さて、冒頭でライルが謝罪。とはいえ、割り切れておらず刹那の背に銃を向けてみたり・・・株下げまくり^^;

リバイブの回想シーンで前回描かれていなかったダブルオー出撃シーンがw

ってか、イノベイター雑魚過ぎだろう^^;

ルイスは明らかに精神障害が見え始め・・・小熊に対する言動は昔のソーマっぽいですね。やはりマインドコントロールされているのか。

ブシドー、前に言った「考え」とはリボンズに直訴?ルイスを伴っての作戦行動にでます。

そして王留美とネーナ。

兄にキレ始めた留美のみっともなさを指摘し登場するネーナ。王兄に直接トドメを刺し、継いで脱出した留美の機体を狙い撃ち。

まぁ、刹那の手助けを断り、ソレスタルビーイングを裏切った留美には相応しい末路でしたね。そして、そのネーナも、ルイスによって遂に・・・

今回はリジェネの作戦(リボンズに筒抜け)をリボンズが利用したという感じですが、ネーナのハロがハックされたのはちょっと驚き。それできるなら、ソレスタルビーイングのハロ達全部ハック出来るのでは^^;

ともかく、ルイスはやっと仇を討てた訳ですが・・・逆に糸が切れて暴走するかも知れませんねぇ。

ブシドー、いや、グラハムは今回の刹那との感応でどうなるのか。宿敵だからこそ、個のエゴを越えて最後には刹那達に強力して欲しいものですが・・・

さて、次週、ついに姿を眩ましていたマネキンやコーラ登場か?
反連邦組織とアロウズの大戦となるのか?
そして温存されていたヒロシは?
ガンダムの新武装とは?

ってとこまで書いていたのでした。続きは↓

Continue reading "ガンダム00第46、47話感想"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ガンダム00第43、44話感想

書いておいたのにupしそびれてました^^;

とりあえず今回は2週分続けて^^;

まず43話。
冒頭のマリナ姫、前週の引きの割にはあっさりと危機回避。

宇宙では00捕獲作戦が始まりますが、セラヴィーの6本腕!とかケルディムのシールドビットアサルトモード!とか良いですねぇ。

あ、あれ?アレルヤさんは?^^;

小熊の見え透いた隕石偽装は何気なく皇にけなされてて笑えましたw
さらに、馬(00)に蹴られて吹っ飛びw

そして、00の神秘空間発生w

やっとサジとルイスの会話が成立します。

う~ん、このルイス、やっぱ本人なの?
恨みのあまり常軌を逸してるだけでやはり本人なの?
それならば救いようがないなぁ・・・

そして・・・
ついにアニューの裏切りとラッセピーンチ!
相変わらず勝手な事を言ってるブシドー。
いきなり大ピンチの留美とついに本性むき出しにしたネーナ。
ってか、スローネずっと隠してたんかいっw

まぁ、留美はロクな死に方しないなぁと思ってたし、ネーナもこれで2ndシーズンで成りを潜めていた残虐さが復活、やはり最後には報いを受けて貰うしかないようですね。

そして44話へ。

アニューの離反、オーライザーの強奪、ってか、データの奪取なんてなんとでも出来ただろうに。

なんで00そのもの奪わないのかと思ったら、機体毎運ばない限り、内部から操縦は出来ないから奪えないのですね。

で、案の定、00ライザードッキングで簡単に取り戻されるリバイブ・・・どこが優越種?w

悔し紛れのコンソール破壊に、イアン号泣ですね^^;

で、その後の再戦、アニューがガデッサのファング装備タイプで戦場へ。ライルのケルディムとの猛戦。シールドビットがほとんどフィン・ファンネル状態にw

ライルの呼びかけに、しかし水を差したのは遠隔コントロールを始めたリボンズでした。

ボロボロに大破するケルディム。

光の一閃にてアニュー撃墜。

誰だ!? ブシドーかヒロシかネーナか?!

刹那でした(^^;)

あれ?

なんでそこにいるぅぅっ!w

イアンがコンソール交換に時間が掛かるって、セラヴィー、アリオス、アーチャーがルイスのプラズマ捕まってるって、ガデッサがトレミーに00捕獲に向かってるって、そういう状況だったのに、なぜそこにいるのでしょうかww

GN粒子の不思議空間の中で、ライルとアニューの対話が出来ただけ、手向けとしては良いのでしょうが・・・脚本として???

さらに、ライルがCパートで刹那を殴りまくったうえ・・・せめて、〆にお礼でも言えばいいものを・・・事前の覚悟ってどうだったの?^^;
一気にライルの株が下がりましたね^^;

おそらく、00出撃とアニュー撃墜までの今回の不思議な演出については、次回の最初に出ると思いますが。

あ、そうそう、ルイスの謎ですが、リボンズは人類初のイノベイターと呼んでいましたね。何か人間をイノベイター化させる新しい手段を使用しているのでしょうか。

いずれ、別人という推理は外れましたがイノベイター化は間違いないようです。そこに精神コントロールが入るのかどうか。

リボンズが留美に言い放った、イノベイターにはなれない、という言葉は単なる、その意思がリボンズにはないと言うことか、何か別の条件があるのか。

きっと乳の大きすぎる人はダメとか・・・ゲフンゲフンw

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ガンダム00雑感1

ちょっと前から思っていたことなんですが・・・

2ndシーズンのルイスって実は、別人じゃないでしょうか?

本物はどこかでコールドスリープしていて、イノベイターの技術でコピーした体に人格のダウンロードしてるとか。

理由は次の2点です。
・ルイスの体が全然成長していない。
・イノベイターと同様に瞳が光る。

最初はナノマシン治療の効果かと思っていたのですが・・・最近、あまりにもSBへの憎悪とかが行き過ぎている気がして、良く考えてみたのです。

以下は推測ですが・・・

瞳が光るという表現は、脳量子波が使えるものが、ヴェーダもしくは機体コンピュータや同能力者に脳量子波を利用してアクセスしているときに発現しているものと思われます。意識・無意識は別として。リバイブがMS操縦中やアニューにコンタクト時に見せたり、ネーナやティエリアがヴェーダにアクセス時に見せてますね。そう考えると、脳量子波が使えるからこそ、リボンズがルイスの見たモノを受信しているし、ソーマがルイスの心を感じ取れていた、という部分に納得がいきます(超兵は光りませんね)。

また、ナノマシン治療には老化停止の効力はないこと、トリニティのようなデザインベイビーや普通の人間は成長するが、イノベイターは成長も老化もしないことから、ルイスの体はイノベイター化しているのではないか、と思ったのです。

イノベイターの体は億単位の全細胞を作成して、それを組み合わせるので最初から設定したデザイン・年齢の体が作れるらしいですよ。

いくら最大の出資者だからって、リボンズにしてみれば、お金を貰った以上、ルイスはさっさと死んでくれた方が後腐れもないだろうし、それをわざわざ専用MAまで開発しているってことと、亀頭エレベーター崩壊時でもSB打倒にしか興味がないように性格があまりにもおかしいこと、これらから総合すると、リボンズのお遊びでしかないように思えてくるのです。

これがもし当たりなら、クライマックスでサジはルイスを殺してしまうものの、実は本物は・・・ってことでハッピーエンドにするのではないかと予想するのですがどんなものでしょうかw

ついでに。

ダブルオーはクライマックスで壊れて、最後はエクシアとオーガンダムに太陽炉を移し、5基のガンダムをセラフィムの秘密能力で同調させて地球圏をGN粒子で包み、何かから守ると同時に人類の相互理解が進む、とか予想しているのですが、はたして・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ガンダム00第42話感想

マスラオトランザムを奥義奥義って喜んでるブシドーってガキみたいじゃありません?自分の実力じゃなくて機体性能でしかないのにねぇ。

さて、今回はいきなり4ヶ月後で、メメントモリを一気に破壊。
ところがマリーはソーマに戻っちゃってたというちょっと想定外の驚きw

アレルヤ君、もしかしてキス出来なくなっちゃった?w

2期で早期にラブラブにしちゃってたのはこういう展開があったからだったとは・・・ナイス脚本です^^;

刹那とラッセは議事GN粒子によって人体に影響が残っていたとは・・・刹那の体の浸食速度が遅いのはGN粒子に触れる機会が多いから?

でもって、アニューとライル・・・4ヶ月の間にやることやっちゃってますねぇ!w

でも、久々にアニューが送信機なったり、イノベイター人質にする作戦だとか、リジェネとリボンズの内部抗争、留美がそろそろ切れ始めたりとか、大分進展が出てきました。特に、Cパートではマリナは無事か? 留美は直接ヴェーダへ行くのか?等々、引っ張りますねw

そうそう、マネキン大佐行方不明ってのもありました。おそらくコーラも一緒でしょう。セルゲイ死亡とか起動エレベーター事件を経験して、ついにアロウズ見限ったと思われます。

果たして、次はどこの勢力として出てくるのでしょうか!クライマックスで重要な第3勢力となるのは間違いないと思うのですが・・・その中ではコーラが遂に大活躍(の予定)!?

セルゲイといえば、小熊の野郎は昇進ですか。
やっとアヘッドに乗れたそうですが・・・ソーマから完全に狙い撃ちにされそうですね。そして、ルイスは機体がわざと写らなかったのはやはりMA乗ってるから?

あと、今回一番笑ったのは、交錯する想いに関連して、出撃時にみんなが誰かの名前を呼ぶのですが・・・

ソーマ→大佐
サジ→ルイス
アレルヤ→マリー
ライル→アニュー
小熊→母さん

ティエリア→ヴェーダ
刹那→ガンダム

この二人はもうっwwww

マリナ・・・可哀想にw

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ガンダム00第41話感想

感想書くの止まってて、再度見ようと思ったら・・・

なんと、HDD内の1月分の収録分が消えてて大ショック!

どうやらいつの間にか、録画予約が「更新”入”」になっていたようで・・・orz

再放送に期待;;

さて、前回でセルゲイの死亡フラグ!?と思ったのですが、案の定・・・今回、とうとうセルゲイが死んでしまいました;;

合掌

ものすごくいい味の脇役だっただけに・・・残念です;;

しかし、その死が息子によるものだとは・・・しかも、父の行動を誤解しての・・・

原因知って後悔するがいい。小熊よ!

それと、軌道エレベーター破壊に対してビリーの語る片桐指令の覚悟・・・

なに、取って付けたように言ってるの?!

イノベイターの存在もやることも知っていて、メメントモリも作っておいて罪を背負う覚悟って・・・それを何とも思ってないような口ぶりのビリーも落ちるとこまで落ちた気がします。

そういえば、前回のマスラオに乗っていたブシドーも。

ライセンス持ちといえば聞こえがいいですが、1stのグラハムは軍規の中でも己を貫くという矜持が、男のプライドと軍規違反との背反を超えた執念に感動もしたものですが。例えれば、社会人としての正義や誇りがあったのかと思うのですが。

2ndのブシドーの場合、ライセンスを盾に気に入らない作戦は一切無視。その代わりに軍人として何か行動してればいいのですが、要は刹那との決闘にしか興味なし。今回の軌道エレベーター崩壊にも、颯爽と現れて全機にスメラギと同様に呼びかければ株も上がったものを・・・

なんか、ブシドー、すごくちっぽけに見えるんですよね。

マネキンとは別の視点で、アロウズの不正を暴くとかがあればまだしも、単なるわがままで行動してるので、魅力がイマイチなのです。

男としての魅力で言えば、セルゲイが圧倒的に上。

それだけに、今回のセルゲイの死亡は残念です。

それはともかく。

カダロン、連邦、アロウズ、SB、4者が地上の危機に期せずして合同で動くとは・・・

コロニー落とし級の悲劇に際し、全員で動く様は2ndシーズン中盤の山場!

なんか感動しました;;

そのほか、リジェネは離反フラグが立ったか?

メメントモリはあれで破壊されたのか?

軌道エレベータ破壊後のアフリカ地域の経済状況やアロウズの行為の情報は今後どうなるのか?

等々気になることが沢山・・・

次回が4ヶ月後というのも気になりますね。

そういえば、マスラオのトランザム、この4ヶ月の間に他の量産型に転用されてないだろうな^^;

2ndシーズン後半、ギアス並に一気に加速するのか!?楽しみです^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ポロロッカ~Mにハマっちゃダメダメ?

今週は仕事が忙しくて結構余裕の無い状態だったWinlongです。

前回のダブルオーの感想まだ書いてないや^^;

そんなわけで、平日夜とか、あまりゲームする気力が無いときもあるわけで・・・

久々にニコ動見ました。

某過労奴の替え歌がありましたよ。

毒キノコみたい~毒キノコみたい~食べたら小さくなる~♪

てな歌に爆笑w

生きヌコりたい~ってのも好きでしたがw

ああ~そういえば、原曲のアルバムってどうなんだっけ?とアマゾンさんへ。

しかし、なんでアマゾンなんでしょうね。私の脳裏ではいつも、トカゲ男が両手構えて「キシャー!」ってイメージが出るのですがw
ジャングラーって名前の、木を切り倒しながらジャングル走れるバイクだぜ!って設定が子供心に強烈な印象(トラウマ?)もったままですw

他の仮面ライダーのバイク名なんてほとんど覚えてないのにっw

ああ、アルバム出てた出てた。

よし、買っちゃおう。ポチッとな。

思ったより早く、二日後に到着。これで、PSPのマクロスエースフロンティアでしか聞けなかったのが、HDウォークマンにダウンロード可能に。

土曜日にスキー行ったときはイヤホンで聴きながら滑りましたw

おかげで、というか、元々右膝の調子が良くなかったのが悪化。

痛みで夜中に何度も目を覚ます羽目に。

結局、早朝に起きて、目覚まし代わりにライオンを掛けて家族を起こすことにw

いや、我が家の目覚ましも鳴り出してたし、しかも、私のも相方のもみんなライオン設定なってて鳴り出してw

どうせなら生歌?で、とw

・・・起きねぇ・・・

朝弱い人たちばっかりだからなぁ・・・

しょうがないので、まだ時間余裕あるし、夕べは特に冷え込んで体が寒かったので~と、朝風呂の用意してコタツ入って・・・

そういえば。

昨日たまたま、マクロスFのwikiを見る機会があって、ああ、マクロスFってなんとか見る方法無いのかしら~と思案。

本放送はこちらで見れなかったので、いつかどこかのチャンネルで見れるだろう、と思ってはいいたのですが・・・

レンタル屋?どうせ見る時間少ないから~と、引っ越ししてきたときに近くのツタヤの登録はしないままずるずると3年。今から登録しても4月には引っ越す可能性大だし。

GYAOは確かやってなかったよなぁ、と思い行ってみたら・・・ああ、有料リストにはあるのねぇ。

なので、思い切って視聴購入!

おお~~~!

やっぱ期待通りに面白い!バルキリーも格好いいし、音楽もいい。ラブもコメディー要素もイイ。主人公のアルト、シェリルの生乳見たんかー!!?許せんっw

ちょうどその頃に家族も起きてきて、コイツ=ミシェルがティエリア&絶望先生で主人公=アルトはハムの人だと説明w

相方と子供は出かけるので、見たかったらあとで最初から見ることをおすすめして二人を送り出し、こちらは朝風呂~

あがってから、ふと近くにあった絶望先生のコミックス6巻に目がとまり。

買ったのにしばらく行方不明だったのが、昨日発掘?されたのでした。

開いて読み始めると、いきなり最初の話が「波に乗ってくるポロロッカ」

アニメパチンコから原作に興味もって好きになったりとか、ムシキングから昆虫好きになったりとか、いわゆる逆流現象で本物にたどり着いて好きになるって話。

やっぱ絶望先生は面白いw

・・・

・・・

・・・

・・・

ふと気づいた。

ライオンの替え歌からライオンにいって、今アニメ見だした自分ってどんだけポロロッカ!!!!!!

絶望先生、恐るべし!www

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ガンダム00第38話etc感想

遅ればせながら、年末の38話の感想を。

メメントモリ攻略戦。作戦はダブルオーによる侵攻とみせかけて、プトレマイオスIIの電撃特攻、というものでした。

あれ?大気圏突入時も似たような・・・w

まぁ、ソレスタルビーイングの所帯じゃ、ああいう一転突破的な作戦しか取りようがないのでしょうが^^;

一期のように技術力に雲泥の差があれば、あの砂漠戦時のような物量対精鋭の図式になるのでしょうが、二期では技術力の差が少ないですからねぇ。

有利なのはトランザムだけ^^;

それでも今回は、ロックオン(ライル)とティエリアの新コンビネーションやGNビットシールドと言った見所がありましたけどね。

コーラ君は出番なし。

でも、一番悲惨なのは・・・

トランザム要員のアレルヤ;;

出番あれだけw

しかし、キリング対刹那、もう少し刹那に圧倒して欲しかったなぁ。
ネーナの援護でやっとなんて、ちょっと刹那弱すぎる^^;

そして、キノコ少佐にふさわしい惨めな最後。納得!

最後の荒熊のシーン、今後の政局変動を期待しちゃいます^^

ところで、1月4日の放送、どうも正月休み中に総集編を見つつのファンTVっぽかったようなんですが。

ええ、この書き方で判ると思いますが、見てませんorz

予約してたのですがDVDが、ガンダム00と認識しなかったようです(-_-)

見逃したのはショックだったなぁ・・・本編じゃないからまだ良かったけど^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ガンダム00第37話感想

今回も面白かったのですw

ダブルオーライザー大活躍だったのですが、冒頭の裸でサジとルイスの会話、実は演出上でしかなく、本人同士は声しか聞こえてないようで。

それとも刹那にだけあんなビジョンが見えたのでしょうか。

ダブルオーライザー、ガラッゾ、ガデッザを追い払ったのはよかったのですが、あれは・・・

紫の煙と、幻の用に消えたのはなにかのトリックですか?
GN粒子に頼るイノベイターにはあのように感じられたけども、実際は早さのたまもので、F91と同様の仕掛け、なんでしょうか。

まさか、本当に粒子化したのだとすれば・・・ちょっとトンデモガンダムですねw

きっと、クライマックスで粒子化から実体に戻る際にアクシデントで、刹那とガンダムが混ざって・・・

「俺がガンダムだ!」

怪奇、ガンダム男の恐怖ってなりそうなww

そうして地球圏見守る神となって、木星圏以遠にはいる同じような存在と外宇宙へ・・・もはやガンダムじゃないね、それは^^;

刹那とサジも混ざったりしてw

そのほか、見所として、今回、留美がリボンズに殴られて・・・留美の反逆ヒステリーフラグがこれでたった?w

お父様にも殴られたことがなかったのに!とか言ってくれるとグッジョブですがw

通信にもでないのでかなりショック受けてそうです。いい気味ですw

そして今週のコーラ君w

フォーメーションでケルディムを追い詰めたのですが、刹那によって崩され、ロックオンに顔面蹴飛ばされて終わり。

いつもいつも、ちょいとだけ顔出して面白くしてくれますw

ルイス、ヤバイですねぇ^^;
どう考えればああいう思考になるんだか。

自分の出資したアロウズでサジが死にかけたこと、仇がネーナでありリボンズであることを知ったときの光景が今から楽しみですw

サジ、同じ失敗はせずにオーライザーに留まりましたが、本格的に覚悟するのは次回なんでしょうか。

予告編みると、ガンダムマイスターの神髄が、ってあるので、次回は痛快なガンダムマイスター大活躍を期待して、いいのかな?ここのとこ、アレルヤ救出以来、ダブルオー以外の3機の活躍がイマイチなので期待したいところです^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)